サテライトサイトを蓄積した2013年2月

オールドドメインやページランク付きのドメインは争奪戦。依頼があったときのために用意しましょう。

上位表示されることがビジネスを成功させる近道

いざという時に使えるサテライトサイトを仕込む

地道にサテライトサイト制作中です

早いものでもう桜の季節ですね。
先日も日曜日家で家事の手伝いをしておりましたら、
『ちびまる子ちゃん+サザエさん』日曜日の子供の定番のテレビがやっていました。
3月3日と言うこともあり、お雛様や桃の節句に関する内容でしたが、
言葉の通り、いつの間にか厳しい寒さも心なしか落ち着いてきた感じがします。

本当に一ヶ月というのはあっという間に過ぎますね。
と言うのも、2月は弊社管理サイトで悪影響を及ぼしたサイトはほぼなく、
しこたま作業に集中できた1ヶ月でした。
リカバリの作業をする時間が必要なく、ある意味幸せな!
ある意味制作作業に追われた行き詰まった!充実した時間を過ごすことが出来ました。

今年はオールドドメインで乗り切ろう!と、
以前の更新で書かせて頂きましたが、多くのSEO会社やその類の業者も
同様の内容が書かれており、オールドドメインを如何に
多く取得できるか?という考えが蔓延しています。

そのためか、クライアント様からの依頼を受けてもなかなかしっくりくる
ドメインを取得できず、言った通りになった喜びの反面、
売上に繋がりにくくなる状況に少し不安も感じています。

たしかに、それなりのレベルのドメインが取得できにくいというのは痛いですが、
そうなるだろうと昨年の前半から(もっと言えば2年前の桜の咲く頃から)
サテライトとなるサイトの制作をシコシコとしておりました。

順位を無視して、即ち現金にならないサテライトを作るわけですから、
テンション・モチベーションは基本低目の状態での作業でしたが、
600を超えるオールドドメイン+ページランク付きのサテライトサイトが
完成している現在、かなりの力を蓄積できたと体感しています。

ページランクも0~5で平均3.4を維持しており、
今後どのような依頼が来ても、ほとんどのキーワードに対応できるサテライトが既に用意されており、
今後の依頼に対して、即座に『ガツン』と効いてくれることでしょう。

実際に依頼がこなかったとしても、サテライトの活用は大いにあります。
備えあれば憂いなし!という言葉を改めて痛感しました。
今後のアルゴリズムの変動で、全く無価値のものになる可能性も十分に考えられますが、
他のSEO関連の会社がなかなか取れないオールドドメインを少しずつ取得し、
サテライトサイトを作っている時間に、次の策を練って行動に移したいと思います。

個人で自社サイトのSEO対策を行われている皆様も、
現状の維持や、順位向上を望むのであれば、事前の準備が必要です。
気付いた時には蔓延化された情報で既に手遅れになる!ということが多い世の中、
ネット社会の恐怖ともいえますが、情報が広がるスピードが速くなるということは
情報自体の寿命が短くなるのは摂理ですから、
自分なりの考えを踏まえた、対策を構想して頂きたいと思います。