Googleダンスのありがたみを体感できた2013年3月

今月は概ね良い結果を出すことができ、サイトに歩み寄ることが効果的であると立証されました。

上位表示されることがビジネスを成功させる近道

月末のプレゼントとなったGoogleダンス

サイトに歩み寄ることで売上は間違いなく上がる!

花粉症がだいぶ落ち付いてきましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
毎年毎年、例年の3倍、5倍といった花粉情報が飛び交いますが、
10年前から比べて、一体何倍になっているのでしょうか?

と言っても、例年とは過去10年間の平均を取るようで(確か)、
10年で何十倍になっている訳ではないということだと思いますが、
マスクや、花粉対策商品を売るためのスポンサーに対する配慮なのではないか?
と、18年花粉症と付き合っている私は思うわけです。

では、今月の議題ですが、
最近『なんたらアップデート』が原因でか、
Googleダンスの影響を感じずに、数か月来た気がします。
何かあれば、みんな揃ってパンダだ!なんて言いますが、
実際にはそんなに頻繁に来ていないと言うじゃないですか・・・。

ということで、当時の話からすると月末のGoogleダンスを
久々に体感し、心なしか新鮮さを感じた月末でした。

現在管理する自社サイト含め約780キーワードの中で、
良い影響を受けたキーワード:約270
悪い影響を受けたキーワード:72
変わらないキーワード:約440

ということで、かなり良い動きになりました。
これも定期的なページの更新や、テキスト変更、継続的なリンクの供給が
こういった良い結果をもたらしたのだと思います。

自社の売り込みのようで申し訳ないのですが、
完全出来高のSEO業者の割合が少ない中、SEO会社として運営をすることが
以前に比べ難しいことではなくなったということが、上記の結果となった理由です。

リンクの供給のみしか行えない業者の管理するサイトは、
毎月のダンスで順位が乱高下してしまい、費用対効果の悪い成果報酬でないSEO会社が
より今年も淘汰されていくことでしょう。

しかしながら、SEO対策というキーワードでは今回のダンスでも微動だにせず、
且つなかなか上がってこれない現実もあり、まだまだ先は長そうです。

良いことばかりを並べるのは好きではないので、悪いことも言いますね。
順位が落ちてしまった72キーワードについてですが、
正直弊社の成果報酬で、報酬順位圏外となったのは4キーワードで、
その内4つともが10位以内の変動なので、順位が落ちたと言うよりも
単に他の優秀なサイトが、上がったというのが正しい言い方だと思います。

ということで、月末の変動ではほぼノーダメージということでした。
オールドドメインを利用した発リンク、子ページ追加、テキストの修正(流動的という意味)
1つ1つのドメインに対して、このようなケアが出来ていれば上位を維持するのも
難しいことではありません。
多くのサイトを管理する方は大変な作業に思われるかもしれませんが、
売上に関わる大切なサイトであるならば、もう少しサイトに歩み寄ってみてはいかがでしょうか?