7割のSEO業者は結果を出さない!いや、出せない

業者選びで社運が変わるといっても過言ではない

上位表示されることがビジネスを成功させる近道

詐欺と思えてしまう程のSEO業者の曰く付き実績

結果を出せないSEO業者の言い訳 経験がある会社様もいらっしゃるかと思いますが、 結果を出すことが出来ない口先だけのどうしようもない会社の一例をご紹介します。
あなたの浅はかな契約が、こんな結末を呼び込み兼ねません。

・継続しなければ効果は得られない、、、
広告代理店の言葉でよくありますよね。
広告代理店は顧客の利用した額の20%程度が一般的な取り分です。
広告媒体の価値も知らない代理店が、顧客が死なないレベルでなるべく長い期間使わせるための
文句です。
確かに、継続しなければ本来の効果は計れませんが、10件の制約を目標として、 0~1件の制約だとすればもう一度広告を出したとしても、せいぜい2件が限界だと思います。
※数値の信憑性は閲覧の分母が大きい場合に限ります。
SEO業者も同じです。10位以内は簡単と言っておきながら、1ヶ月経っても2ヶ月経っても
変わらず30位前後をウロウロ、、、2ヶ月でそこまでなら6ヶ月で15位が限界です!

・競合がいるせいでなかなか。。。
これもよくあるパターンです。
競合がいるか、いかないか?『はぁ??』最初からそんなの分かっているでしょ!
プロでしょ?市場や相手も知らずに対策を始めて、競合が強くて・・・なんて言い訳するんですか?
こんな業者わんさかいます。実際に私も言った経験はあります・・・。
とにかく、本当に対策できるのか?出来なかったらどうするんだ!という位の気持ちで
契約前にしっかりSEO業者の力を見極めるべきです。

・もう少し費用を上げてください、、、
これは、最悪ですね。より上位表示をするために、もう少し費用を上げてもらわないと
SEO会社の利益が出ない。
基本SEO会社にかかる費用は人件費だけです。
ホームページの制作もするとなれば、多少なりのソフトなどで費用はかかりますが、
SEO会社の場合、基本一定の対策をペナルティを受けないように
各担当に示唆するだけですから、追加の費用がかかります!というのは、言語道断です!

・グーグルによるペナルティが発動してしましました。
 悪いのは私ではありません。。。

これはしょうがないと思う部分もあります。
クリアな対策をしていて、個人でやっていた場合につまずく小さな石ころには躓かないでしょうが、
大きなアップデート時に起こるペナルティの発動にはどのSEO業者も不安を感じてはいます。
ただここで問題なのは、巷に転がっている小さな石ころ(既にあった過去のアップデートへの対策不足)
で躓く業者はどうしようもないです。
今年もありました4・16の【ペンギンアップデート】レベルのニュースは業界を大きく流れますので、
すぐ気づかれると思いますが、普段生活している中で、何の情報も流れないレベルの躓きで
順位が落ちるというのはSEOの知識がない悪徳業者ということです。

まとめますと、SEO業者というのはある意味コンサルタントに近い業種であると思います。
見た目の形は出るので、(上位表示される)違うと言われるかも知れませんが、
クライアントの売上が上がろうが下がろうが、料金が発生する業種です。
売上が上がったらその分だけ金額を払うよ!
という言葉に対し、本気でやってやる!とメラメラ燃えるのが本物のコンサルタントであり、
上位表示を結果ベースで対策するのが、本物のSEO会社だと思います。
是非、SEO会社選ぶの参考にして頂ければと思います。

SEO会社を選ぶ基準は明確


結果を出せない業者の言い訳


「広告費の最小化」に戻る