現代に生きる私達が未来の子供に継承すべきこと

日本に生まれたことは本当にサイコロの6なのか?

上位表示されることがビジネスを成功させる近道

未来の子供たちに伝えなければならない使命

私達が未来の子供たちに継承できること 科学の発達が目まぐるしい時代です。 現代っ子だったはずの私達も、新しい生命の誕生と共に、
次々と新しい仕組みに追われる日々で息が続きません。
二酸化炭素の削減、原発の反対、化石燃料の価格、リーマンショックを中心とした世界恐慌、
スマホによるインフラの向上・・・
本当に日を追うごとに新しい事象が増え、翌日には昨日得た知識が無くなるような気分です。
まさに『私の頭の中の消しゴム』状態です。

そんな中、政治が大変なことになっていますね。ゆうちょ銀行、小沢裁判、、、
この情報化社会、常に矢面に立たされつつ、問題の解決を務める政治家の大変さも重重分かります。
しかし、日本国民の政治に対する理解度は私を含めてレッドカードです。
政治家は、政治に関して興味を持たない若い人たちに対し、どのように理解してもらうか?
そして、興味を持ってもらうための行動をとること!
それを実践しければ、この先日本の存続はありません。

政治を行う政治家に全ての責任があります。それは学校教育を含めての発言です。
しかし、その政治家達が選ばれたのは国民の投票です。
私からすると投票自体、信憑性は分かりません。
(細工をしても私たちには一切わかりませんからね!!)
ただ、投票がしっかりとなされているとすれば、
選ばれた政治家は今の倍以上は最低限、国民の目を向けさせることの努力を
しなければならないでしょう。

私達も、政治が正しい方向に進む際、正しい知識を持っていなければ、
正しかったとしてもそれを否定してしまうかもしれません。
友達が、こう言っていた!テレビが、こう放送していた!という低次元の発言は今すぐ辞めて、
知るべきことを知り、理解すべきことを理解する。
そして自らが正しい!と判断した事を行動に移す努力
が、
今を生きる私達が、将来この日本に生まれてくる子供たちに出来る事、
数少ないことではないでしょうか?

サービスや商品の向上がもらたす現在は豊かなのか?


未来の子供たちに継承できること


主婦が起業する時代が到来


「インターネットの将来性」に戻る